ゲーム・プログラミングコース

アイデアを表現する楽しさを学ぶ

ゲームプログラミングプログラミングの基礎を学び、想像力を働かせてオリジナルのゲームを作る、想像力と忍耐力を養うことのできるカリキュラムです。

プログラミングにはほとんどマウスの操作だけでプログラミングできる、Scratchという子供向けのソフトウェアを使用します。まだコンピューターに慣れていないお子様でも理解しやすくなっています。

 

ゲームには、プログラミングの基礎から応用までが詰まっています。

ゲームプログラミング教室ゲームを作ることは、プログラミングの基本から応用まで幅広く活用する必要がります。

たとえば、画面の中のキャラクターを動かしたり、音を出したり、キーボードやマウスの操作を検知したり、得点を計算したり、データを保存したりと、アイデアを実現するためには、コンピューターの機能をフル活用することになります。

「こんなゲームを作りたい!」と思ったら、そのために必要な知識やテクニックを学ばなければいけません。好奇心が強ければ強いほど、自然と学びに結びつくところは、本来の学習の姿そのものです。

また、ゲームをプログラミングするということは、「誰かを楽しませる」ことも考えるようになります。
自分が楽しむためにゲームをプレーするのではなく、プレーしてもらうために考えてゲームを作る、という体験は、ゲームプログラミングならではです。

カリキュラム

ScratchプログラミングプログラミングはScratchという子供向けのプログラミング言語を使いますので、キーボードでの文字の入力が難しい年齢のお子様でも、すぐに取り組めます。
(Scratchとは、マサチューセッツ工科大学MITの研究室で開発された、子供向けプログラミング教育を目的としたプログラミング環境です。)

Scratchは子供向けとされていますが、本格的なプログラミング言語と基本的な概念は全く同じです。Scratchでプログラミングの基礎を学んでおけば、将来、プログラミングを本格的に学ぶときにもスムーズに理解できます。

毎回の授業では、オリジナルテキストに沿って、毎回新しいゲーム作りながら、プログラミングに必要な知識を学びます。そして、自分で作りたいゲームを自分で考え、プログラミングで作れるようになります。

授業内容

授業内容は、90分で1ステップのカリキュラムを進めます。

  1. テキストにそって、一つの作品を作ります。
  2. さらに、絵を変えたり、音を付けたりして、オリジナルのゲームに改造します。
月謝 月額12,000円(税込) 
入会金(初月のみ) 8,000円(税込)
教材費(1年分) 3,000円(税込)
授業回数 月2回(一回90分)
時間 16:30~18:00、14:00~15:30(土曜日のみ)
曜日 毎月第1週、第2週の火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日

 

体験教室のご案内

豊中こどもプログラミング教室では、ゲームプログラミングを体験できる体験教室をご用意しています。

体験教室をご希望の場合は、予めご予約ください。

体験教室についてはこちら