初めてでも大丈夫!
初心者でもわかるプログラミング教室

プログラミング教育は、自分で考え、行動する力を育てる知育教育です

ロボットプログラミングの授業今、メディアでも注目されているプログラミング教育は、楽しみながら、自分で考えて行動する力を育てる、優れた知育教育です。

また、想像力が豊かな子どものうちからプログラミングを学ぶことで、自らのアイデアを実現する創造力と、目的達成のために試行錯誤を重ねる中で忍耐力を鍛えられます。

まずは、お子様といっしょに体験教室にお越しください。いつものお子様とは違う、集中して取り組む姿を見ることができます。

体験教室についてはこちら

親子プログラミング体験はこちら

 

現役プログラマーが、少人数制でしっかり指導します。

ゲームプログラミングどんなに優れたテキストがあっても、ただその通りに進めるだけでは、なにも身に着いませんし、子どもたちが継続して学ぶ意欲を保つことはできません。

「先生、こんなふうに動かすにはどうすればいいですか?」というテキストの内容から「脱線」する、生徒たちの好奇心こそが、大切だと考えています。

豊中こどもプログラミング教室では、プログラミングを理解してる講師が、生徒一人ひとりに丁寧に指導できる環境をととのえることで、論理的思考や問題解決能力をしっかり根付かせることに力を注いでいます。

プログラミングを基礎からまなぶ2つのコース

ロボットプログラミングロボットプログラミングコース

 ブロックでロボットを組み立て、プログラミングで動かします。
画面上ではなく、手で触れられる形にしたモノを動かすことで、体感的にプログラミングの基礎を身につけられます。

ロボットプログラミングコースについて詳しくはこちら

ゲームプログラミングゲームプログラミングコース

ゲームづくりは入出力、座標、角度、点数の計算など、プログラミングの基礎がしっかりみにつきます。そして、「誰かを楽しませる」ことの意義を知ることができます。

ゲームプログラミングコースについて詳しくはこちら

 

小学校で2020年からプログラミング教育が必修化!?

2020年度から日本でも、小学校の学習でプログラミング教育が実施されます。「プログラミング教育」とは、コンピューターを思い通りに動かすために必要な手順を論理的に考える力を養うものですが、プログラミングを生業とするプログラマーを育成することが目的ではありません。

物事を順序立てて考え、問題を解決する能力を育てることが目的です。与えられたことを、ただ効率的に達成するだけでなく、試行錯誤しながら新たな価値を生み出していく力を養うことが、プログラミング教育で、この力は社会へ出て必要とされる重要なものです。

コンピューターは、与えられた目的の中で処理を行っています。
一方、人間はそれだけではなく、感性を豊かに働かせながら、社会や生活、自分の人生をよりよいものにするにはどうしたらいいのかを、自ら考え出すことができます。場面や状況を理解して、多様な他者と関りながら、自分の考えをまとめたり、相手にふさわしい表現を考えたりできることが人間の強みなのです。

様々な技術は常に進化・発展します。プログラミング教育とは、「知識・技能」と、それらをどう使うか考える「思考力・判断力・表現力」、さらには社会・世界と関わり、よりよい人生を送るのかという「学びに向かう力や人間性」を育成する人間力教育です。