• ERC2018ロボット競技会演技部門デザイン部門優勝

TVや新聞などで大注目!プログラミング教育とは?

今、メディアでも注目されているプログラミング教育。

プログラミングは、コンピューターを動かすために必要な高度な知識で、これからのIT社会に欠かせないスキルです。

プログラミングのスキルを身につけることで、たとえば、英会話を身につけるのと同じように、子どもたちが将来社会で活躍できる幅を広げることに大きく役立ちます。それは、単純にプログラマーという職業にかぎらず、今後大きく発展していくIT社会で生きていく子どもたちにとって、知らないでは済まされない知識にもなるのです。

また、プログラミングを学ぶことで、論理的思考力や、問題解決能力といった、社会で求められている自分で考えて行動する力を、楽しみながら、学び、考え、作り、そして遊びながら身につけることができます。プログラミング教育は、将来必要なスキルと、社会で求められる自分で考えて行動できる力を育てることができる、優れた知育教育です。

 

豊かな想像力をカタチにかえる2つのコース

ロボット・プログラミングコースゲーム・プログラミングコース

豊中こどもプログラミング教室は、お子様の興味と個性にあわせて、お選びいただけるよう、ゲーム・プログラミングコースとロボット・プログラミングコースの2つのコースから選べます。(2コースいっしょにご受講いただけます。)

ロボットプログラミングコース

ロボットプログラミング

ブロックでロボットを組み立て、プログラミングで動かします。
画面上ではなく、手で触れられる形にしたモノを動かすことで、体感的にプログラミングの基礎を身につけられます。

ロボットプログラミングコースについて詳しくはこちら

ゲームプログラミングコース

ゲームプログラミング

ゲームづくりは入出力、座標、角度、点数の計算など、プログラミングの基礎がしっかりみにつきます。そして、「誰かを楽しませる」ことの意義を知ることができます。

ゲームプログラミングコースについて詳しくはこちら

 

 

豊中こどもプログラミング教室の特徴

豊中こどもプログラミング教室では、テキストの内容からはみ出した子どもたちの発想を積極的に後押しします。

「先生、こんなふうに動かすにはどうすればいいですか?」

テキストの内容から「脱線」する子どもたちの好奇心こそが、学ぶ意欲そのものです。ただし、テキストの内容ではないことを指導するためには、講師自身がプログラミングに精通している必要があります。豊中こどもプログラミング教室では、現役プログラマーである講師が一緒になって考え、子どもたちが想像したことを、自らの手で実現させます。

また、豊中こどもプログラミング教室は、1クラス最大5人までの小人数制。一人ひとりのカリキュラムの進捗や、やりたいことを汲み取りながら、丁寧に指導できます。

まずは、お子様といっしょに体験教室にお越しください。いつものお子様とは違う、集中して取り組む姿を見ることができます。

体験教室についてはこちら

 

 

小学校で2020年からプログラミング教育が必修化!?

短期コース2020年度から日本でも、小学校の学習でプログラミング教育が実施されます。

ますます発展していくIT社会への対応力はもちろんのこと、物事を順序立てて考え、問題を解決する能力を育てることが重要視されています。

与えられたことを、ただ効率的に達成するだけでなく、試行錯誤しながら新たな価値を生み出していく力を養うことが、プログラミング教育で、この力は社会へ出て必要とされる重要なものです。

感性を豊かに働かせながら、社会や生活、自分の人生をよりよいものにするにはどうしたらいいのかを、自ら考え出すことができる人を育てます。場面や状況を理解して、多様な他者と関りながら、自分の考えをまとめたり、相手にふさわしい表現を考えたりできることが、プログラミング教育を受けた子どもたちの強みとなるのです。

様々な技術は常に進化・発展します。プログラミング教育とは、「知識・技能」と、それらをどう使うか考える「思考力・判断力・表現力」、さらには社会・世界と関わり、よりよい人生を送るのかという「学びに向かう力や人間性」を育成する人間力教育です。

体験教室についてはこちら

お知らせ

【夏休み工作】折り紙ランタンづくり
2019年8月10日
夏休みの工作イベントを開催しました。 普段はパソコンに向かっている生徒たちですが、今日は折り紙をつかったランタンづくりに挑戦しました。 折り紙とはいっても、いくつかの紙を組み合わせてつくる、『ユニット折り』という手法で箱… もっと読む »

【ゲームプログラミング】爆弾でモンスターをやっつけろ!
2019年8月10日
RTくんの作品。   スライムが主人公のゲームです。爆弾を使って、モンスターをやっつけます。すべてのモンスターを倒すとゲームクリア。   アイテムを取ると、爆風が大きくなったり、一度に置ける爆弾の数が… もっと読む »

小学校でのプログラミング教育研修
2019年7月29日
7月26日金曜日に豊中の某公立小学校でプログラミング教育研修を行いました。 2010年から必修化するプログラミング教育。学校の先生方にとっては、ご本人も学んだことのない未体験のプログラミングを、どうやって子どもたちに指導… もっと読む »

【ロボット・プログラミング】ライオン付きシュートゲーム
2019年7月29日
EKくんの作品です。 アームが開いた瞬間にブロックを打ち込むと成功!というシュートゲームを作りました。 アームにはなぜかライオンの顔がついていますが、これは、授業の時間があまったので「なにかデコレーションしてほしい!」と… もっと読む »

【プログラミング体験教室】7月23日ロボット&Scratch
2019年7月23日
7月23日のプログラミング体験教室の様子です。 Scratchをつかった「画面の中の水族館」をプログラミングしてもらいました。 マウスをうまく操作して描いた魚を泳がせます。 ロボットプログラミングも体験してもらいました。… もっと読む »

【ゲームプログラミング】DCモーターひとつで歩くロボット
2019年7月20日
HAくんの作品。 DCモーター一つだけで歩けるように作られたロボットです。 この作品は、テキストなどを全く見ずに、オリジナルですべて作り上げたところに、周りはもりろん、本人も喜んでいました! 機関車を駆動する部分を、動画… もっと読む »

【ゲームプログラミング】フルーツキャッチゲーム
2019年7月20日
YFくんの作品。   2体のキャラクターを同時に操作して、落ちてくるフルーツをキャッチするゲームです。ただし、右側のムシは避けなければいけません。     ムシ以外は全備自分で描いています。… もっと読む »

【ゲームプログラミング】猫を触るゲーム
2019年7月19日
AFくんの作品。 猫の絵の上で、マウスを動かしたり、クリックしたりすると、いろんな表情をする作品を作りました。 ゆらゆら動くヒゲやしっぽ、べろーんと出す舌、キョロキョロ動く目など、よくできていますね! 猫はScratch… もっと読む »

【プログラミング体験教室】7月14日ロボット&Scratch
2019年7月14日
7月14日のプログラミング体験教室の様子です。 まずは、Scratchをつかったプログラミング体験から。画面の中の水族館づくりに取り組みました。 マウスを使って思い思いに魚を描いてもらいました。   使い慣れていないマウ… もっと読む »

ロボットプログラミング競技会URC2019に参加しました!
2019年7月8日
7月7日(日曜日)に神戸市で行われたURC2019近畿地区大会に参加してきました。 今回は『たっきー&なっしーブラザーズ』の1チームが参加しました。 RTくん、MAくん、AAくんの男子3名の小学生で構成した選抜チームです… もっと読む »

他のお知らせを見る